流行りネタ

bitcoin(ビットコイン)の仕組みと入手方法をわかりやすく解説します


取扱を行っていた世界最大級の取引所「マウントゴックス」が経営破たんしたことで俄然注目が集まってしまった仮装通過bitcoin(ビットコイン)。

上記のニュースによって特に日本ではネガティブなイメージが先行してしまっていますが、世界ではユーロ圏などでは普及が進み、実店舗でも使用できるところが増えているほどなのです。

そこで日本でもオーソドックスなものになる可能性もあるbitcoinとは何か?よく分からない人でも分かりやすい解説をさせて頂きます。

そもそもbitcoinとはどんな仕組み?

Bitcoinとは仮想通貨と言われるだけあってネット上で手にすることができるもので、通常の通貨は各国の政府が保証しているものなのに対し、bitcoinのような仮想通貨はどの国の政府の保証もないので、前述したような取引所が経営破たんしてしまうと
無になってしまう危険性もはらんでいます。

しかしデメリットばかりではありません。

通貨だと日本は円(¥)、アメリカはドル($)、欧州はユーロ(€)のように通貨単位が異なり、相場は日々変化するので、例えば円安時だと海外旅行する際にお得、円高だと自動車など輸出産業が潤うなどありますが、bitcoinは世界共通なので異国のネットショッピングなどをする際も極めて少額な手数料で済むのでお得なのです。

よく海外旅行に行ってクレジットカードで決済すると後々その時のレート計算されて日本円で請求されますが、bitcoinだったら世界どこでも同じ通貨単位で分かりやすいことに加えて、実店舗ではスマホのアプリなどを介して決済するので盗難などのリスクも少なく安全な面もあると言えます。


Sponsored Link

Bitcoinの入手方法は?

入手方法としては、2つの方法があります。

1つが、一般的な円などの通常通貨を取引所にてbitcoinに両替する方法。

レートは日々変化しており、bitcoinもピーク時には1bitcoin=880ドルくらいにまでなっていましたが、今はその半額の420ドル程になっています。

ただbitcoinが始まった当初は100分の1ほどの価格だったので、当時に購入していた人は大きな利益を上げた人も少なくないようです。

そのためbitcoinは金と同じようなものと言う人もいます。

金もどこの国の政府の保証もありませんが、世界共通で金の価格は常に変わっているので投資目的で金を買う人も増えています。

そのためbitcoinも同様に投資目的の人もいるようですが、変動が激しいためハイリスクとなっています。

もう1つの入手方法が「採掘」(マイニング)と言われるものです。

採掘とは、コンピュータの演算能力を使用してブロックを探し出し、新規ビットコインを生成する過程のことで、以前は使用者も少人数だったので採掘もそれほど能力の高くないPCでも可能でしたが、今では専用チップなどが開発されていたりしてなかなか初心者では入り込めなくなっているのが実情です。

Bitcoin以外の仮想通貨は?

仮想通貨は世界でbitcoinだけではありません。

日本初の仮想通貨「モナーコイン」を始め、世界にはいくつもの仮想通貨が存在しています。

ただbitcoinほどまだ普及していないので、当初のbitcoinにようにレートもまだまだ

安いので投資目的で他の仮想通貨を入手する人もいるようです。

しかし、bitcoinのように普及すればレートが倍、10倍、100倍となる可能性もありますが、

逆に全く普及せずタダ同然になってしまったり、「マウントゴックス」ように取引所が経営破綻する危険性もはらんでいるので安全な投資とは言えないでしょう。

PC用

Sponsored Link

-流行りネタ

Copyright© LifeStyle大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.