病気

赤ら顔の原因と改善方法を伝授!ビタミンがいいですよ!


最近、赤ら顔について悩んでいる人が多いと伝え聞きました。

頬や鼻などの目立つところが赤くなる状態になる「赤ら顔」。

この「赤ら顔」が起こる原因などについてみましょう。
赤ら顔

赤ら顔の原因は?

「赤ら顔」が起こる原因は、皮膚の薄いことであったり、気温が下がることにより毛細血管が拡張し、ほほ全体が赤くなったり、単純にニキビが炎症をおこしていたり、脂漏性皮膚炎で皮膚に炎症があったり、一時的にアルコールや香辛料などの過剰摂取したためほほが赤くなったりと、、いくつかありますが要するに、肌に炎症が起きた時や皮膚薄いところが透けて毛細血管が見えてしまうことで血管の赤さが見える状態が「赤ら顔」となります。

他にも、ストレスによって起こる時もあります。

これは、「赤面症」と言う症状で、緊張・ストレスなどで顔が赤くなります。

ちなみに赤面症と同じような症状としてりんご病がありますが、こちらはウィルスが原因なので、赤面症とは明確に違います。

体質によって起こることも多い為に、体質改善・メンタル面の改善、治療が必要となります。

赤ら顔の対策は?

肌の「角質細胞」を健康にすることで防ぐことができます。

「角質細胞」を健康的にするということは一体、どういうことでしょうか。

「角質細胞」を健康にすることで、肌の炎症を抑えたり、赤ら顔の原因に含まれる「肌の薄さ」を改善することができたりします。

具体的には、以下の点に気をつけて生活をすることが大切になります。

刺激の少ない、保湿力のある石鹸やスキンケア製品(クリーム)を使うこと、体温調節をこまめにすること、ビタミンCを多く摂ることなどです。


Sponsored Link

赤ら顔を改善・治す方法は?

「赤ら顔」は日常生活で改善・治すことが可能となります。

1.食生活の改善

アルコール、たばこ、カフェインなどは、赤ら顔の原因になると言われているので、控えるようにしましょう。

2.スキンケア(洗顔)の見直し

洗いすぎ・肌に悪いスキンケア方法をすることで肌の炎症が起こりやすくなります。

あくまでも軽度の症状に限ります。
重い症状になると、レーザー治療など病院・皮膚科での検診などが必要となります。

赤ら顔に効く化粧品は?

赤ら顔が起きる原因の1つでもある皮膚の炎症。

この炎症をおさえる為に欠かせないのが、「ビタミンC誘導体」です。

この「ビタミンC誘導体」が配合されている化粧水を使うことで効果が期待できます。

抗酸化作用のあるビタミンCを肌に浸透させやすくした成分を含まれるからです。

赤ら顔に漢方は効果ある?

漢方は、赤ら顔の症状に効くと言われています。

「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、「温経湯(うんけいとう)」、「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」などが、血流の改善を促してくれます。

漢方を服用する際は、漢方に詳しい医師や薬剤師などに指導を受けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「赤ら顔」になってしまった時の対策などお分かりいただけたでしょうか。

少しでも知識をもっておくと今後役に立つと思いますので、ぜひぜひ覚えていてください!

PC用

Sponsored Link

-病気

Copyright© LifeStyle大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.