話題の場所

動物とふれあえる東京の動物園を紹介!実際にふれあえる時間帯は?


自然のままの動物が見られる旭山動物園も人気ではありますが、東京にもたくさんの動物とふれあえる「ふれあい動物園」がいくつか存在します。

それらを紹介したいと思います。

板橋区にある「板橋区立こども動物園」は、板橋区役所前駅近くの東板橋公園内にあるとてもアットホームな動物園です。

羊やポニー、ウサギや山羊、モルモットなどの小動物からフラミンゴなどの鳥類まで飼育されています。

放し飼いにされた羊や山羊に触ることが出来、餌やりも出来る他、子供に大人気のポニーの乗馬体験、ちっちゃくて可愛いモルモットの抱っこコーナーなど、小規模な動物園にも関わらず、動物たちととても身近にふれあうことが出来ます。

子供に人気なのはやはり「ポニーの乗馬体験」でしょう。

もともと馬はとても穏やかな動物ですが、ポニーは頭が良くて温厚です。

そんなポニーとふれあえるところが人気の理由でもあります。

「アニマルセラピー」とまで言われるほど、動物とのふれあいは人間にとってとても良い結果をもたらしてくれる大切なものです。

このようなことから、動物園で実際に動物とふれあえるコーナーは本当に素晴らしいと思います。

羊や山羊が餌をもらう時にどんな態度をとるのか、どんなふうに食べるのか、柔らかそうに見えていた動物の毛が、さわってみたら意外とバリバリだった…といった以外な発見もありますし、何より、人間の手から直接餌を与えることで、動物との間に「愛情」と「信頼」が生まれ、最後には別れられなくなってしまうかもしれません。


Sponsored Link

ふれあいイベントの他、広い公園内には球戯場やテニスコート、プレイパークもありますので、お弁当を持って出かければ丸一日楽しめてしまいます。

注意すべきはふれあいイベントの開催時間です。

いつでも動物とふれあえる訳ではなく、イベント時間が決まっていますので必ず事前チェックしてから行きましょうね。

奈良公園の鹿に「鹿せんべい」を与えた時のことですが、鹿に向かってせんべいをかざすと「ちょうだい」と言いたげに頭を縦に何度も振るのです。

そうすることで、せんべいがもらえると覚えているからなのでしょうけれど、頭を下げられると可愛くて可愛くてついつい与えすぎてしまうのですが、鹿とのふれあいで動物の苦手意識を克服できた友人もいました。

まさに「アニマルセラピー」ですね。

他にも動物とふれあえる動物園としては、江戸川区立行船公園がおすすめです。

ペンギンやレッサーパンダなどおよそ60種類もの動物とふれあうことが出来ます。

午前は10時から11時45分まで、午後は13時15分から15時までです。

庭園や釣堀、水草の池など、四季の自然も堪能出来て、都会の隠れたオアシスとしてもおすすめ。

東京に動物とふれあえる動物園があったなんて以外ですね。

いつの時代にも、動物は人間に安らぎとさまざまな恩恵をもたらしてくれます。

動物への意識があまり高いとはいえない現代にあっては、大人や子供に動物への意識を高めてもらうためにも、動物と接触出来る機会や施設は重要だと感じます。

野生のままで生活出来ない動物にとってはかなり迷惑かもしれませんが。

特に子供には小さいうちから動物とふれあう機会をたくさん与えて、命の重さと大切さを教えることがとても大切ですよね。

PC用

Sponsored Link

-話題の場所

Copyright© LifeStyle大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.