自転車、車

日産 Note(ノート) E-12の燃費と保険料とは?ECOモードを解除すれば乗り味が変わる!


最近は環境問題やガソリンの値段の高騰などもあって、燃費のいい、コンパクトカーの人気がありますが、その中でも私が乗っている日産 Note(ノート)E12について燃費や保険料、乗り味について紹介します。
日産ノート

日産Note(ノート)とはどんな車?

ノートは日産が生産している、コンパクトカーとなりますが、欧州では小型ミニバンの位置づけだそうです。

ミニバンといえば、日産であればエスティマやセレナ、トヨタであればアルファードやヴェルファイアなどファミリーのお父様に人気ですが、ノートは主婦層に人気があります。

人気の理由としては都心でも取り回しが効き易く、乗りやすいサイズと、その燃費の良さにあるかと思います。

また車体のサイズの割りに、日産のマーチなどと比べても車内が広いというところも人気のポイントとして挙げられるでしょう。

そして、ノートのE12の特徴として、嵐が出演しているCMでもやっていましたが、自動緊急ブレーキをいち早く取り入れたということがあります。

自動緊急ブレーキとは、運転中の車が人やクルマに急接近して、運転手がブレーキ動作をしなかった(出来なかった)場合に自動でブレーキが掛かり、衝突を避けるという機能です。

私が運転をしていて、自動緊急ブレーキが発動したことはありませんが、お年寄りで目が悪くなってきて、夜道を運転するのが怖い方や、咄嗟の反応に自信が持てなくなった方などには嬉しい機能ではないでしょうか。

私がたまにお世話になる機能としては車線逸脱警報という機能があります。

こちらは、運転していて走行車線からはみ出しそうになると、ピピピッと警報を鳴らしてくれる機能で、運転があまり上手くない私には助かる機能です。

日産ノートの燃費は?

続いて、ランニングコストに関わる要素の一つとしてNOTEの燃費についてですが、2012年から2013年に掛けて、ハイブリッド車でないガソリン車として燃費No1の称号を受賞しているくらい燃費はいいです。

ノート E12の公称での燃費は1リッターあたり15~16Kmですが、私が運転している実績としては燃費は12.5~16キロほどです。

ほぼ公称通りですし、ガソリン車としては相当燃費がいいのではないでしょうか。

またガソリンもレギュラーガソリンでいいというところも維持費としてありがたいです。

ちなみに私がノートに乗ってて燃費にムラがあるのは理由があります。

燃費のムラの理由、ecoモードとは?

日産のNOTEにはecoモードというドライビングモードがあって、このecoモード時には燃費を節約した走りを自動でしてくれます。

しかし、一度ecoモードを解除すると、その走りの乗り味はガラッと変わり、まるでBMWに乗っているかのような走る歓びを味わうことができます。


Sponsored Link

BMWは言いすぎましたが、ecoモードを解除すると、明らかに車の加速感が変わるため、運転していて楽しい車に変貌を遂げます。

その分、燃費も多少消費するといった具合です。

ecoモードのオン、オフもボタン一つで切り替えられるため、私は高速道路などに乗るときはecoモードを解除して運転を楽しんでいます。

日産ノートの保険料や車量税は?

日産ノートは排気量も少なく、自動車税や、自動車重量税も安いです。

保険の契約内容にもよりますが、安いです。

私はソニー損保で契約していますが、年間3000キロ以下で車体保険もかけなければ、1ヶ月3000円くらいの負担です。

自動車保険は会社や、契約内容によって保険料はかなり変わって来るので以下のようなサイトで一括見積もりを出してもらうといいでしょう。



日産ノートの中古価格やリセールは?

日産ノートに関わらず、日本ではコンパクトカーは一定の人気があり、中古か価格は高く、売るときのリセール価格も高くなる傾向があります。

私はまだ、売るつもりはありませんが、2013年で新車で購入した日産ノート E12の売却価格を査定したところ65万という値段がつきました。

この値段が高いか安いかは判断にまかせますが、社外ナビもつけていたため、個人的にはもう少し高くてもよかったかなと・・・

中古車の買取価格も、これまたディーラーによって様々なため、以下のような一括見積もりサイトを利用して、だいたい自分の車がいくらで売却可能か把握しておくとよいでしょう。


日産ノートE12はリコールの問題もあったみたいですが、私が乗っている年式の車は対象外だったのでホッとしました。

リコールといっても、日産のディーラーにいってコンピューターを更新すれば済む程度のものなので、そこまでの手間はかからないみたいですが。

日産ノートはいい車!

ノートはコンパクトカーといっても車内は十分な広さがあり、大人四人でも問題なく乗れます。

また、維持費も安価で運転していても楽しくなる車なので、非常に気に入ってます。

決してステマではないですが(笑)今後も大事に乗ってやろうと思います。

PC用

Sponsored Link

-自転車、車

Copyright© LifeStyle大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.