季節ネタ 旅行

沖縄に家族でいく旅行の定番観光スポット、グルメ、おみやげ情報を紹介!夏休みを楽しもう


沖縄旅行ナビゲーター「夏休みの家族旅行編」

沖縄にはビーチに水族館、果物園、歴史的な施設、テーマパークなど、たくさんの観光地があってどこに行こうか迷います。

そんなあなたに行ってイメージが違ったとかちょっとがっかりしたと言う事がないように、たくさんのランキング情報や口コミをもとに厳選したお勧めの観光スポットをご紹介します。ご家族での楽しい沖縄旅行の参考にぜひお役立て下さい。

~厳選!家族で楽しめるビーチ~

「美々ビーチいとまん」


沖縄本島南部に2006年に開業したばかりの新しい人工ビーチです。

トイレやシャワールーム、ロッカーはもちろん、売店やおしゃれなカフェ、展望広場もあります。

さらにジェットスキーが楽しめるマリンスポーツエリアやパークゴルフ、ビーチバレー、バスケットコートなどのスポーツ施設も用意されていて家族で楽しむには最高のビーチです。

特にお勧めは、てぶらバーベキュー。

材料も準備もかたずけもすべてスタッフにおまかせ!わざわざ材料を持ち込む必要はありません。

開園時間は朝8時30分から夜8時30分まで、600台収容の広々駐車場完備、料金は1台500円です。

まだまだたくさん楽しい施設があります。

詳しい施設の内容や美々ビーチまでのアクセスは「美々ビーチいとまん」公式ホームぺージをご覧ください。

「美々ビーチいとまん」

~厳選!家族で楽しめる水族館~

「美ら海水族館」


いわずと知れた沖縄観光の大人気スポット海洋博公園内にある「美ら海水族館」をご紹介します。

美ら海水族館には世界初!が2つあります。1つは全長8mにも及ぶ巨大なジンベイザメの複数飼育。

高さ8.2m、高さ22.5mの世界最大級の水槽の中で3尾のジンベイザメが優雅に泳ぐ姿は迫力満点。

2つ目は世界最大のナンヨウマンタの複数飼育と繁殖に成功。

現在は5尾の親子マンタが水槽の中でのびのびと生活しています。

人気のアトラクションはイルカの「オキちゃん劇場」ダイナミックなジャンプやかわいいダンスを見る事が出来ます。

他にも「珊瑚の海」や深海で暮らす神秘的な魚達を観察できる「深海の海」など見所が盛りだくさんなので、少し時間に余裕を持っておでかけください。
(ところでみなさん、ジンベイザメの立ち泳ぎって見た事ありますか?)

お問合せは「沖縄美ら海水族館」

~厳選!家族で楽しめる果物園~

「ナゴパイナップルパーク」


レンタカーで沖縄観光の方は国道84号線を走っていくと、大きなパイナップルが目に入ります。

まずは自動カートに乗ってパイナップル畑を散策。

観賞用のパイナップルやパイナップルの仲間の花などがたくさん栽培されています。

カートを降りるとお待ちかねの試食コーナー。

取れたてのパイナップルやお菓子、パイナップルワインもあります。

それからたくさんのお土産屋さんがあって出口に着いたときは試食でおなかいっぱい。ぜひご家族連れでお越し下さい。

お問い合わせは「ナゴパイナップルパーク」

~厳選!家族で楽しめる琉球文化~

「琉球村」

「琉球村」とちょっと地味なネーミングのスポットですが、思ったより楽しかったと言う感想がたくさん寄せられる『琉球文化体験村』です。

夏休み子供限定の体験プラン「琉球村Boys&Girlsスカウト」や沖縄観光の記念にぴったりな「オリジナルTシャツ作り」琉球衣装を着て写真が撮れる「簡易貸衣装」などたくさんの体験コーナーがあります。

外の広場では琉球絵巻行列やエイサーの演舞、実際にハブに触れるハブのショーなどアトラクションも盛りだくさん!家族揃って1日中楽しめますよ。

あ、それからエーサーを踊っているおばあちゃん、なんと94歳の琉球村の名物おばあちゃんにも会えるかもしれません。

夏の営業は朝9時から夕方6時まで、入場料は大人1200円、子供600円です。

アトラクションや体験コーナーの詳しい内容や琉球村へのアクセスは琉球村のホームページをご覧下さい。

~厳選!家族で楽しめる伝統工芸~

「琉球ガラス村」

琉球ガラス工房では熟練の職人がひとつひとつ丁寧に作品を作り上げていく様子が見学できる他、琉球ガラスの名工達の作品を集めた琉球ガラス美術館。

直売店ならではの安価な値段で琉球ガラスを買えるアウトレットショップ、レストランなどの施設も充実しています。

特に家族旅行の思い出にお勧めなのが琉球ガラス体験コーナー。

小さなお子さんは「とんぼ玉作り体験」や「ガラスのアクセサリー作り」「ガラスのチューブストラップ作り」など、お父さんお母さんには「表札作り」や「フォトフレーム作り」、「お皿作り」などたくさんのメニューが揃っています。

ぜひ今年の夏はご家族で楽しい琉球ガラス作りに挑戦してみませんか?

営業時間:朝9時から夕方6時まで入場料は無料です。


Sponsored Link

詳しい体験コーナーの内容や琉球ガラス村へのアクセスは琉球ガラス村のホームページをご覧下さい。

~厳選!沖縄観光の穴場~

「道の駅かでな」

沖縄観光の穴場は何と言っても沖縄本島嘉手納町にある「道の駅かでな」です。

嘉手納町は嘉手納米軍空軍基地で有名ですが、道の駅かでなの展望フロアからその米軍基地が丸見えなのです。

運がよければ戦闘機が次々にスクランブルするシーンを見る事ができますよ。

特に航空機ファンにとっては必見の穴場です。(騒音問題で苦しむ近隣の方の気持ちを考えれば、その存在価値はビミョーですね。しかし嘉手納基地を見た帰りに家族で戦争と平和について議論するのも良いかも知れません。)

道の駅かでなの営業時間:展望フロア 朝8時から夜の10時まで、入場料は無料です。

道の駅かでなへのアクセス情報は沖縄観光チャンネルのホームページをご覧下さい。

~厳選!家族で楽しめるお勧めの食事スポット~

「空港食堂」


「灯台下暗し」と申しますか、厳選してご紹介するはずのお勧めの食事スポットのコーナーですが、そのトップを切るのはなんと那覇空港ビル内にある食堂であります。

その名も「空港食堂」!

なんてわかりやすいネーミングでしょうか。

安くてうまいと評判の店は、お食事時には行列ができるほどの盛況ぶり。

もちろんお勧めのメニューは沖縄名物沖縄そば。

値段もリーズナブルで空港職員の方や整備士さん達も観光客にまじって普通に食べています。

沖縄そば:540円

空港食堂へのアクセス:那覇空港到着ロビー(到着口A)徒歩0分

「うりずん」


沖縄のグルメランキングや口コミサイトで必ず上位にランクされる沖縄家庭料理の有名店です。

人気のメニューは「ドゥル天」。(沖縄独特の里芋みたいな芋と豚ミンチやしいたけ、かまぼこを混ぜて揚げたコロッケ)

他にもゴーヤの肉詰めや魚のてんぷら、豆腐チャンプルー、クブシミと呼ばれるイカの刺身、ラフテー(沖縄風豚の角煮)などメニューも豊富です。(お父さんのためにはうりずんオリジナルの泡盛もありますよ)

注意:「うりずん」で食事をするためには、よっぽど時間を外すか運が良くない限りは、入れません。

必ず事前に予約をしてご来店ください。

お店の場所やアクセス、ご予約は沖縄のグルメ検索サイト「食べログ沖縄」をご参照下さい。
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47000019/

「ぱぱいや」

美ら海水族館のすぐ近くにある庶民的な感じのレストランです。

店内の大きな窓からは沖縄の美しい海を見る事ができます。

ぼっかけ(和牛すじ肉の柔らかに込み)やソーキ(じっくり煮込んだ骨付きあばら肉)などの沖縄の肉料理から魚のバター焼きがメインの美ら海定食を初めとするさまざまな定食。

もちろん沖縄そばもあってメニューが豊富です。

ご家族やグループで行ってもきっと食べたいメニューが見つかるはず。

値段もリーズナブルで沖縄の穴場レストランです。

営業時間:朝11時から夜8時(8月は夜10時まで営業)

メニューやアクセスなどの詳しいお問い合わせは「ぱぱいや」のホームページをご覧下さい。

~厳選!人気の沖縄土産~

「歩(あゆみ)サーターアンダギー」


サーターアンダギーはいわゆる沖縄風揚げドーナッツで沖縄土産では定番のお菓子です。

中でも「歩サーターアンダギー」は旅行案内や雑誌などでも紹介されるほどの人気店。

開店10分くらいですぐに売り切れてしまう日もあるとかで、もしもチャンスがあれば挑戦してみてはいかがですか?

場所:那覇市牧公設市場2階
営業時間:朝10時から売り切れまで

雪塩菓房 塩屋国際通り店「雪塩ふわわココナッツ」


「雪塩ふわわココナッツ」は那覇市国際通りの中にある雪塩菓房のオリジナル商品で沖縄観光のお土産に人気急上昇中のお菓子です。

ココナッツの甘い香りと塩と卵の絶妙なバランスがおいしさの秘密。

口に入れた時のサクサク感や溶けてなくなる感覚はまさに雪のよう。

小さなお子様やお年寄りにも安心してお勧めできる商品です。

雪塩ふわわココナッツはもちろん他の売店でも買う事ができますが、もしも時間があれば雪塩菓房にお立ち寄り下さい。

おいしい塩アイスクリームがたくさんありますよ。

雪塩菓房の営業時間:朝10時から夜10時
場所:モノレール県庁前駅から徒歩5分(国際通り内)

お店の詳しい情報はこちら
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47010407/

お菓子御殿 国際通り松尾店「紅芋タルト」

沖縄観光のお土産の定番中の定番紅芋タルト。

その中でも特に評判なのが「お菓子御殿松雄店」

ちょっとした文化遺産の建物も顔負けのこの建物。

実はお菓子のお土産屋さんです。

中は一階がお土産コーナー。

試食できるお菓子もたくさんあるので味を確かめながらお土産を買う事ができます。

お店の前で記念写真を撮る方もたくさんいて今や国際通りの観光スポット。

一度で二度おいしいとはまさにこの事ですね。

営業時間:朝9時から夜10時まで
場所:那覇国際通り県庁前

詳しい情報は「お菓子御殿松尾店」のホームページをご覧下さい。
https://www.okashigoten.co.jp/tenpo_matsuo.html

以上、沖縄の厳選したおすすめ観光スポットとグルメ、おみやげ情報でした!

それではご家族で楽しい沖縄旅行をお楽しみ下さい!

PC用

Sponsored Link

-季節ネタ, 旅行

Copyright© LifeStyle大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.