グルメ 話題の場所

かに道楽と、かに食べ放題どっちが満足感ある?かにの種類と値段について調査しました。


外国人も日本に来日すると、日本の食べ物の美味しさに魅了されると言われています。

日本に住んでいると、なかなか気づきませんが、食べ物の美味しいと言う事は、本当に幸せな事ですよね。

そして、日本の食べ物の魅力は美味しいだけでなく、四季があるため、季節折々の旬の食材を食べられる点。

冬のこの時期の旬食材と言えば、やはりカニでしょう。

そこで、カニに関するあれこれをまとめてみました。

食べれるカニの種類は?味の違いは?

カニと聞いて有名な種類は、やはりタラバガニ、毛ガニ、ズワイガニです。

それぞれの特徴を紹介します。

まず、タラバガニですが、カニの王様とも言われていますが、厳密にはタラバガニは、カニという名称が付いていてもカニではなく、ヤドカリの仲間なのです。

しかし、カニの王様と言われる理由は、身もぎっしり入っており、重量感たっぷりで、食べ応え十分だからだと思います。

ただ、味の深みは、後述するズワイガニに比べると、やや劣るなんて言われています。

続いて毛ガニですが、昆布や海藻類のエサに食べていることから、カニみその濃厚さは格別だと言われています。

磯の香りが口の中にブワァーと広がりますよ。

最後にズワイガニですが、カニ本来の旨みが凝縮しており、美味しさではNo,1でしょう。

ただ、タラバガニに比べると身も少ないので、苦労してほじくったわりには食べた感がイマイチだと思い人も多いです。


Sponsored Link

ちなみにズワイガニですが、地域によって様々な名前があり、例えばオスは、越前ガニや松葉ガニ、メスはメスガニ、コッペガニ、コガニなんて呼ばれたりします。

かにの価格の違いは?

当然、産地が日本産だと若干高かったり、もちろん重量や旬の時期の違いによっても価格は変動しますが、一般的にズワイガニ>タラバガニ>毛ガニと言われています。

そのため、ズワイ=高級カニというイメージが定着していますよね。

都内でカニ食べ放題の店は?

そんな冬の味覚の王様、カニをお財布を気にせずとことん食べたい!そんな人にはカニ食べ放題のお店がおススメです。

そこで都内にあるおススメカニ食べ放題のお店を紹介します。

〔大酋長〕

焼肉やしゃぶしゃぶなど種類を選べる食べ放題のお店、大酋長。

読み方難しいですね・・・

だいしょうちょうと読みます。

すべてのコースに+1,800円ズワイガニ、タラバガニも食べ放題になるのです。

カニにお肉に、スイーツまでお腹を完全にからっぽにしてから行きたいお店です。

秋葉原駅より徒歩1分と言うアクセスの良さも魅力的。

昔からアキバでやっているお店ですね。

〔KICHIJOJI たらば屋〕

吉祥寺駅前にある北海道料理専門居酒屋。カニだけでなく、食べ放題にジャガバターなどの北海道グルメを楽しめる点も嬉しいところ。

飲み放題もあるので、同じく北海道名物の生ビールを飲みながら…都内にいなから北海道に来ている気分に浸れるお店です。

〔まるごと北海道 池袋店〕

ジンギスカン食べ放題でお馴染みの「まるごと北海道」。

カニの旬である冬の時期は、タラバ・ズワイ・毛ガニという三大蟹食べ放題コースを7,480円で楽しめます。

やはり味の違いは、自分の口で確かめるしかないですからね。池袋店以外にも都内に浅草店があります。

あとは食べ放題ではないですが、やっぱりかに道楽はおすすめです。

新宿や銀座にもありますね。

個人的には銀座のかに道楽の半個室みたいなとこがいいですかね。

場所柄、同伴できているホステスさんが多いです。

あー、かに食べたくなってきました。

PC用

Sponsored Link

-グルメ, 話題の場所

Copyright© LifeStyle大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.