スポーツ

最強の格闘技と最強の選手についての考察と、日本人の有力な選手を紹介します


PRIDE、K-1、イノキボンバイエなど2000年代初頭、大晦日には各局が競うように格闘技イベントを主催して、間違いなく日本が世界の格闘技を牽引していました。

その後、不祥事や買収による消滅などもあり徐々に人気が低迷してしまい地上波から姿を消してしまいましたが、元来日本人は古くは力道山に、ボクシングに夢中になって観戦することからも分かるように格闘技好きの民族であることは間違いありません。

「最近はあまり格闘技観なくなったなぁ」と言う人も、再び格闘技に目を向けてみませんか?

どんな種類がある?

まず現在、格闘技はどのような種類があるのでしょうか?

格闘技と一言で言っても様々な種類があります。

最もポピュラーなのが打撃あり、寝技ありの総合格闘技ではないでしょうか。

前述したPRIDEなどはこの系統の格闘技でした。

現在、世界最大の総合格闘技はUFC(Ultimate Fighting Championship)で、主に生まれたアメリカでの開催になりますが、他にもヨーロッパを中心に世界中で行われています。

日本でも1年に1度程度格闘技のメッカであるさいたまスーパーアリーナで開催しています。

日本ではあのアントニオ猪木氏が設立した団体で、オリンピック柔道金メダリストの石井慧選手や藤田和之選手も活躍しているIGFが比較的メジャーと言えるでしょう。

他にも空手が進化していった立ち技のみのK-1(香港企業に買収されたため、日本開催は減りましたが世界中で今も開催はしています。)や、他にもボクシングも相撲も柔道も広い意味で格闘技ということになり、モンゴル相撲やロシアのサンボのような地域性のある格闘技も入れると世界中に無数に存在していると言われています。


Sponsored Link

またエンターテインメント性のあるWWEなどのエンタメプロレスや、新日本プロレスのようなストロングスタイルプロレスも当然格闘技です。

最強と呼ばれている選手は?

やはり格闘技の華は大柄選手が集うヘビー級ではないでしょうか。

現在、UFCヘビー級チャンピオンがケイン・ヴェラスケス選手。


レスリング出身なので寝技が冴えるだけでなく、打撃も強烈で打って良し、掴んで良しの死角がないタイプ。

WWEでも活躍したブロック・レスナー選手や、日本でもお馴染みのノゲイラ選手も撃破して最強の称号を手に入れています。

人気の日本人選手は?

人気の日本人選手としては、やはり体格的にヘビー級などでは苦しく、ミドル級以下のクラスで多くの日本人選手が活躍しています。

以前PRIDEでも活躍していた五味選手や川尻選手なども現在UFCで活躍中です。

そんななか注目したいのはミドル級6位になっている岡見勇信選手。

2007年よりUFCに参戦しており、サウスポーでどこから出てくるか分かりづらいパンチが持ち味で、まさに大和魂を爆発されて異国の地でも頑張っているので注目して欲しいです。

最強の格闘技はなに?

では最強の格闘技はなに?という話になりますが、それはきっと格闘技好きが議論したら時間が何時間、何日あっても結論が出る事はないでしょう。

立ち技、寝技なんでもありの総合格闘技が個人的には最強だと思っていますが、200キロ以上の巨体が一瞬にしてぶつかり合う相撲こそ最強なんて意見もあるし、受け身の美学があるプロレスこそ最強なんていう声もあります。

いやサンボだ!いやボクシングだ!と意見が分かれるところなので、ご自分の目で感覚で最強格闘技は何かを見極めて欲しいと思います。

PC用

Sponsored Link

-スポーツ

Copyright© LifeStyle大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.