生活

初心者で始める家庭菜園!まずはトマトの栽培方法を。


プランターで始める家庭菜園

家庭菜園て、体にも良さそうだしおいしい野菜が食べられそうだし、あこがれるなあ。

でも、うちはマンションなので畑がないから絶対にムリ。

そうあきらめているあなたに朗報です。

実はベランダさえあれば、プランターで野菜が作れるんです。

新鮮なとれたて野菜をおうちで食べたい、自分で野菜を作ったら節約できるかも、植物を育てる楽しみを味わいたい、とお考えのあなたに、今すぐはじめられる簡単プランター家庭菜園の方法をご紹介しましょう。

家庭菜園に必要な道具とは?

ベランダ菜園を作るには、まずはプランター選びからはじめます。

最も重要なことは、園芸用のものより深めのプランターを選ぶことです。

花よりも肥料分を多く必要としますし、根が深いほど地上部が安定します。

また、支柱を立てる場合にも都合がいいからです。

ガーデニング用品メーカーから各種の菜園用プランターが売り出されているので、自宅のベランダの広さや、移動する場合の自分の体力、値段などを検討して選んでください。

ほかに必要なものは、園芸用のハサミ、スコップ、ジョーロ、支柱などです。

土、肥料、殺虫剤はホームセンターなどで作りたい野菜に適したものを選びましょう。

それ以外にも虫除けや外部への落下防止のネットなどもあるといいでしょう。

どんな野菜を作りたいのか決めよう

プランターではみなさん、どんな野菜を作っているのでしょうか。

育てやすいミニトマト、バジル、シソ、枝豆、トウガラシ、ニガウリ、ネギなどが家庭菜園の定番です。

深さが必要な大根やゴボウは向いていませんが、最近はプランター菜園用として小さなサイズのニンジンやカブなども売り出されるようになっていますので、作れる種類はもっと増えていくだろうと思います。


Sponsored Link

作りたい野菜が決まったら、プランターに鉢底ネットをしき、軽石を底が見えないようにしきつめ、その上に土を入れます。

半分ほど土を入れたら肥料を混ぜ込み、その上にさらに土をかぶせます。

詳細は土の袋の裏面などに記載されていますので参考にしてください。

その土に、いよいよ野菜の苗、もしくは種を植えていきます。

簡単で丈夫、初心者向きなミニトマトを作ろう

病気に強く、害虫も少なく、栽培もしやすいミニトマトの栽培方法をご紹介しましょう。

植え付けの時期は、4月中旬から6月中旬頃までで、苗を買ってきたらポットから出し、土に植えていきます。

苗と苗の間は30㎝以上は離しましょう。

たっぷりと水やりをし、苗から8㎝くらい離して支柱を立て、ビニールヒモで優しく苗と支柱を結びます。

水やりは、土が乾いたなあと思ったら、なるべく涼しい午前10時くらいまでに行ないます。

乾燥気味に育てた方が甘いミニトマトになるので、水をやりすぎないように注意しましょう。

育ってきたら、葉と茎の間に出てくるわき芽を摘み取ります。

実が成ったら、トマトによく陽が当たるとうに適度に葉も除きます。

そうして実が色づいたら収穫しましょう。

以上、意外に簡単に思えませんか?

初心者でも簡単にできますよ!

今年はあなたもとれたてトマトを味わってみてください。

PC用

Sponsored Link

-生活

Copyright© LifeStyle大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.