ファッション、美容 生活

低糖質(ローカーボ)ダイエットの方法、その効果と危険性を検証


効果バツグン!低糖質(ローカーボ)ダイエットとは?

やせたい、でもやせられない、とお悩みの方は、ぜひ低糖質(ローカーボ)ダイエットにチャレンジしてみてください。

これまで、いろいろなダイエットを試してみたけれどやせられなかった、という方たちが、ぞくぞくと成功されています。

むずかしいことは何もありません。

ただ、糖質を制限するだけです。

糖質制限食はダイエットに効果があるばかりではなく、糖尿病予備軍など生活習慣病の方たちの数値が安定するという効果も期待できます。

あなたも健康的にきれいにやせてみませんか?

血糖値を制することがダイエットへの道

糖質制限食は、もともとは糖尿病の方の治療食としてはじまった食事法です。

海外ではローカーボと呼ばれています。

糖質を制限すると、食後の血糖値が上がりにくくなって体脂肪の燃焼が促進され、それがダイエットにつながるというわけです。

うれしいことに、カロリーは気にしなくてもかまいません。

糖質以外は好きなものをいただけます。

また、食後の血糖値が上下しにくいので、空腹感も感じにくくなり、無理なくダイエットできます。

食後に眠くなることもありません。

眠気は、血糖値が上昇するせいで引き起こされるのですが、血糖値が上がらなければ食後も眠気を感じずに活動できるのです。

さらに中性脂肪やコレステロール、肝機能の数値なども安定し、メタボが改善されます。

NG食品を避けて糖質ゼロ食品を利用しましょう

では実際の食事で食べてはいけないNG食品をご紹介しましょう。

まずは、糖質を含む食品の代表的なものである米やパン、麺類などの主食です。

高糖質のいも類やカボチャもNGです。

また、揚げものも小麦粉や片栗粉などが使用されているので避けましょう。

野菜類では、いも類のほかに、ニンジン、レンコン、ゴボウ、タマネギなども糖質量が多いので食べ過ぎに注意してください。

豆類も大豆以外は糖質が高いのでひかえめにしましょう。

果物に含まれている果糖は、ブドウ糖に比べて血糖値を上げにくいとされていますが、食べ過ぎないように注意しましょう。


Sponsored Link

お酒では、糖質が多く含まれている日本酒、ビール、白ワイン、サワー、カクテルなどは避け、できれば糖質ゼロをうたったお酒や焼酎にしましょう。

結構食べれるものが制限されますが、頑張りましょう!

カロリーは気にせずタンパク質中心の食事に!

では、糖質以外はどんな食品でも食べていいのでしょうか? 

そう、低糖質ダイエットでは、カロリーを気にする必要はありません。

肉、魚、大豆類、卵、チーズ、ナッツなどのタンパク質や脂質が主成分の食品は好きなだけ食べられます。

脂質も気にしなくていいので、霜降りの牛肉も大丈夫ですし、脂ののった魚も食べられます。

どうしても主食がないと物足りないという方は、大豆粉やふすま粉を使った低糖質なパン、こんにゃくや海草などを使用した麺、中華素材の豆腐皮や豆腐干糸などで代用しましょう。

それらはインターネットで購入することができます。

調味料では砂糖がNGですが、カロリーゼロ甘味料などで代用できます。

みりんやケチャップ、ソース、めんつゆ、ドレッシングなども糖質が含まれているのでひかえめにしてください。

いかがでしょうか。

NG食品さえ避ければ、好きなものを好きなだけ食べられるのですから、食卓もバラエティ豊かにすることも可能です。

慣れると主食がなくても平気になります。

すっきりやせて健康になった自分をイメージして、まずはチャレンジしてみてください。

ローカーボの危険性は?

では、低糖質(ローカーボ)ダイエットの危険性はないのでしょうか。

まず、炭水化物の摂取が減ると筋肉が減退します。

そして、集中力が落ち、疲れやすいからだとなります。

更に、一番怖いのが、長期にわたり、低糖質ダイエットを継続すると、脳卒中や心筋梗塞などの病気になる確率が高くなるとか・・・

うーん・・・

痩せたいですが、病気になるのはいやですね。

でも糖質をカットすれば痩せることも事実、、

バランス良く食事をとって、ほどほどに糖質を控えるというのが一番なのではないでしょうか。

PC用

Sponsored Link

-ファッション、美容, 生活

Copyright© LifeStyle大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.