生活

キャンプ用品で必須のグッズと初心者におすすめのオートキャンプ場


ファミリーキャンプに必要な道具をご紹介!

アウトドアでバーベキューをしたりハイキングなどを楽しんでいるファミリーの方たちにとって、みんなでテントに泊まってキャンプ、というのはあこがれの世界ですよね。

特に子供たちにとっては、ワクワクドキドキの冒険気分、大人になっても忘れられない思い出になることでしょう。

けれど、キャンプって道具をそろえるのが大変そうだし、何を買えばいいのかわからない、と迷っていらっしゃるパパとママのために、ファミリーキャンパーのための道具をご紹介しましょう。

テントは安くて適度な大きさのメーカー品を!

寝るために必要なものは、まずテントです。

親子4人であれば正方形型で2.5~3メートルあれば十分です。

テントは寝るだけのスペースですから、あまり大きいものですと設置も大変です。

厳寒期でもキャンプするようなハードユーザーでしたら高級品を求めたほうがいいですが、ハイシーズンだけのファミリーキャンパーでしたらホームセンターで売っている比較的安価なものでいいでしょう。

安くてもコールマンなどの古くからあるメーカーを選べば安心です。

アウトドアと言えばコールマンというくらい信頼のあるメーカーですね。

テントの下にはグランドシートを敷いて地面からの湿気を防ぎますが、ブルーシートでもいいでしょう。

テントより大きいと雨を誘導してしまいますので、テントより少し小さいサイズがおすすめです。

テント内には専用のインナーシートか銀マットをしきましょう。

寝袋は、値段によってピンキリですが、シーズン遅れのセール品がおすすめです。

季節によってはフリース毛布やタオルケットでも大丈夫です。

タープとテーブルとイスで居間に!

食事時やくつろぎタイムの必需品は、タープです。

日よけや雨よけもかねての、いわゆる居間のような空間になります。

さまざまなタイプがありますが、最初に購入するものとしてのおすすめはヘキサゴンタイプです。


Sponsored Link

両端に2本のポールを立てて張り綱で固定する6角形のタープです。

1家族4~5mくらいの広さがあればいいでしょう。

キャンパー垂涎の商品は、四方をメッシュに被われていて虫除けになるスクリーンタイプです。

経済的に余裕があればおすすめです。

テーブルとイスはできればセパレートタイプにしてください。

コンパクトに収納できるテーブルと、人数分の折りたたみ式ディレクターズチェアがあればいいでしょう。

調理道具は、バーベキュー用品と家庭用のカセットコンロでも大丈夫です。

余裕があればガスコンロを使用するツーバーナコンロとツーバーナースタンドもそろえましょう。

鍋や釜、まな板などはキャンプ用品もいいですが、家庭で使用している軽めのもので十分です。

最初はオートキャンプ場で!

その他、テントとタープを設置する際に必要なペグとハンマー、メインとなる大きめのランタン、懐中電灯やヘッドランプ、クーラーボックス、折りたたみ式の水タンク(10L以上のもの)、蚊取り線香や防虫スプレーなどの防虫グッズ、虫さされ用のかゆみ止め、折りたたみ式のコンテナ、救急箱、ゴミ袋なども必要です。

最初のキャンプは、困ったことがあっても相談できて品物も調達しやすいオートキャンプ場がおすすめです。

通常、インは午後3時、アウトは午前11時くらいです。

できれば2泊すればゆったりキャンプを楽しむことができます。

キャンプの楽しさは、天候にかなり左右されますので、事前の天気予報チェックは欠かせません。

寒さ、暑さ対策をしっかりしておきましょう。

雨の日用にできれば雨具はそろえてください。

帰ってからのテントやタープの乾燥や道具類の手入れはかならず行って、次回、すぐに使えるようにしておきましょう。

慣れてくると必要な物、必要でない物の判断もついてきます。

まずは、キャンプに行ってみましょう。

PC用

Sponsored Link

-生活

Copyright© LifeStyle大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.