ファッション、美容

白髪の原因と対策!カラーリングはなにがいい?


白髪とカラーリングにまつわる小耳情報

何気なく鏡を見ていて白髪を発見した時のショック、感じたことはありませんか? 

女性はもちろん、男性も驚きとともに衝撃を受けるようです。

老化は認めたくはないけれど、確実に迫っていることを思い知らされるわけですからね。

けれど、白髪とは一生のおつきあいになります。

ネガティブにならないで、楽しく白髪とお付き合いしていきたいものです。

白髪染めの選び方や、白髪になってからのおすすめのヘアケアの仕方などをご紹介しましょう。

白髪は体調変化のバロメーター

今のところ、白髪の治療法はありませんが、対処療法はめざましく進歩しています。

特に美容室では、白髪の方へのケアを大切にしていますので、カラーリングでも以下にダメージを少なくするか、ヘアスタイルもどのようにすれば白髪が目立たないか、などさまざまな研究や工夫をしています。

白髪を発見したら、恥ずかしがらずに美容師さんに対策をお聞きしてみることをおすすめします。

白髪が気になる年齢は、ちょうど女性ホルモンが減り始める時期ですから、髪の毛だけでなく、お肌や体調などにも変化が出てくる頃です。

髪質も悪くなり、うねりが強くなって頭頂部を中心に薄くなってきたりします。

まさに、髪に関する悩みが増えてくるお年齢なのです。

自分にあったカラーリング方法を選びましょう

白髪対策というと、まずは白髪染めを考えますが、カラーリング剤にはいろいろなタイプのものがありますので、自分にあったカラーリング剤を選ぶことが大切です。

美容室で使用しているカラーリング剤は、ファッションカラー、グレーカラー、ヘアマンキュアの3種類があります。

それぞれの違いを解説したいと思います。

ファッションカラーは、白髪がまだ少ない方に、グレーカラーは白髪をしっかり染めたい方におすすめされているようです。

ヘアマニュキュアは髪にダメージあり、髪のツヤをキープしたい方に向いています。

次に、自宅でのカラーリング剤は、肌のプロテクトがいらないので初心者向けの泡タイプ、全体染めだけでなく分け目や部分染めとして使用できるクリームタイプ、ブラシにつけて伸ばしていくジェル・乳液タイプ、頭皮や髪に優しいけれど色落ちしやすいヘアマニキュアの4タイプです。


Sponsored Link

慣れていない方は、美容室で全体を染め、伸びてきた部分だけを自宅で染めることをおすすめします。

カラーリングのあとのケアもしっかりと!

カラーリング剤を使用した後は、薬剤を髪の表面や頭皮に残さないようにしっかりとすすぎ、シャンプーをしてください。

その後、トリートメントをつけてシャワーキャップをかぶり、湯船につかりましょう。

トリートメントの成分が浸透してカラーリング剤による髪質の劣化を防いでくれます。

白髪が生えてくるということは、体にも老化が忍び寄っている証拠です。

栄養のバランスがいい食事やストレスや疲労をため込まないように注意しましょう。

栄養に関しては、髪の栄養となるタンパク質を積極的に摂ってください。

また、貧血だと白髪の進行も進みやすくなります。

サプリメントなどで貧血の改善に心がけてください。

白髪はデメリットばかりではありません。

年齢にあった洋服の色やヘアスタイルを考えるチャンスです。

前向きに白髪とおつきあいしていきましょう。

PC用

Sponsored Link

-ファッション、美容

Copyright© LifeStyle大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.