生活

ジェルボール洗剤の使い心地と注意点について。


これは便利!!面白い洗剤。

日々いろいろなものが変化していきますよね。

そんな時代に乗ってみて見つけたのがジェルボールという面白い洗剤でした。

洗剤というと元来私たちは粉、または液体を想像しますよね?

このジェルボールというのは、そんな発想とはかけ離れていて、袋状のフィルムの中に洗濯液が入っているんです。

面白いですよね。そんなジェルボールを使った感想を今日はお話しちゃいます。

手が汚れない

洗濯洗剤を測っていたりすると、容器の周りに垂れたりしたものが手に付いて不愉快な気分になりますよね。

粉洗剤もうっかり濡れていた手で触ったらべたべたなんて…。

おまけに洗濯機の投入口に入れる式だとふちが汚れるのも目立ちます。

その点このジェルボールは最大6.5kg洗濯ものに1個入れれば洗剤の投入作業はおしまいなんです。

とっても手軽で汚れ知らずですよね。

1~3人家族におススメ!

この洗剤は6.5kgが最大とかいてありますようにあまり大人数の家ではおススメできないかもしれません。

容量は従来のものとほぼ同じと書いてありますが、注意したいのは1回の量が決まっているということです。


Sponsored Link

量を図って入れられる液体や洗剤のほうが人数の多い家族にはおススメなようです。

反対に1~2日分くらいをまとめて洗濯をする家庭にはとても安いといえます。自分の生活にあった方を選ぶのも大事なことですね。

洗いあがった感じは?

やはり洗剤ですから仕上がりが悪ければ安くても、使いやすくても意味がありません。

洗うのが大事ですもんね。

さて私が試した感想ですが、使い方さえ間違えなければ香りもよく、液体や粉に比べると洋服に洗剤カスの残りがないように感じました。

汚れの落ち具合もほとんど変わりはなく、カレーや靴下の踵なども綺麗に落ちていて安心しました。

ただ我が家ではこれを機にボールドのジェルボールに切り替え柔軟剤を使うのをやめたのですが、ふわふわ感だけは、柔軟剤を入れる方に劣るなぁなんて思いました。

タオルなどを洗う時には柔軟剤を足したほうがいいかもしれないです。

ジェルボール使用の注意点!!

ジェルボールは湿気には強いです。

洗濯機の周りに置いておいても心配はありませんが、高温と水には弱いので使う際には注意が必要です。

濡れた手で触っていて溶けるといったことはないですが、仮に容器に水などが入ってしまうと溶けてドロドロになるので、そういったところは粉洗剤と似ているかもしれませんね。

こうして見てみるとこの洗剤も利点ばかりではないということがわかってきました。

しかし生活として家事をしていると思うのですが、なるべくなら便利に早く、安く済ませたいというのが主婦というものですよね。

自分にあっているかどうか試してからでも悪くはないので、洗濯時間のちょこっと短縮にぜひお試し下さい。

PC用

Sponsored Link

-生活

Copyright© LifeStyle大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.